×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Ferrari F40


TAMIYA , FUJIMI / 1:24


昔から大好きなフェラーリF40。思えばフェラーリに心酔したのも、クルマ好きになったのもこのクルマが理由でした。
タミヤのF40はいくつ作ったか覚えていません。
しかし、今になって見直してみると、どうも似ていない。

一方でフジミのF40はエンジンこそ上げ底で物足りないものの、ボディ形状はとても良い。
これはニコイチで作るしかない!

そんなわけで、ボディ関連はフジミから、その他はタミヤのパーツを使ったF40の制作です。
まずはフジミのボディのリアカウルをぶった切り、切断面を加工していきます。
カウルの合いを調整したらサフを吹いてチェック。

リトラクタブルヘッドライトや、リアウイングは切り離して別パーツとしました。しかしヘッドライト内まで作り込むこともなかったので、ここまでしなくても良かったと後から思います。
切断面の内部です。
エアインテークから続くダクト部分は、タミヤのボディから移植して再現します。
サフ後、下地のピンクを塗装。
さらにフィニッシャーズのシルクレッドを重ね、クリアコート後に研ぎ出しました。
コクピット。
同時制作のF40LMのものと並べています。シャシーはタミヤのものを使うため、それに合わせて内装などもタミヤのパーツを使います。

右がノーマル、左がLM。LMでは簡単な形状のものに換えられます。
エンジンも組みました。
こちらもLMのものと並んで。すべてタミヤのパーツです。

右がノーマル、左がLM。
焼け塗装を施してあります。
ボディに組み込みます。
ここだけ見ればタミヤのF40そのままにも見えると思いますが、ボディパーツはすべてフジミです。
密度を出すべく、結構な数のパイピングを施してあります。プラグコードも追加しましたが、全く見えません。
制作記トップ
ギャラリーを見る